取り外しも含まれる|トラブルを避けるために現状回復の意味を理解しておこう

トラブルを避けるために現状回復の意味を理解しておこう

作業員

取り外しも含まれる

インテリア

部屋を賃貸で借りているという場合は、退去時に原状復帰をしなくてはいけません。原状復帰というのは、大まかにいうと部屋を借りたときの状態に戻すことです。基本的に原状復帰が必要となるのは借りた人の過失が原因でできてしまった損耗だけです。穴を開けてしまった場所がある場合や、設備を壊したときには原状復帰の義務が発生するので工事を依頼することになるでしょう。原状復帰の工事で気になるのが費用のことです。貸主が予め契約時に工事会社を指定している場合はそれに従わなくてはいけませんが、そうでない場合は自分で工事会社を選択することもできます。原状復帰工事でよくあるのが壁や天井の穴の修理です。これらはその穴の大きさにもよりますが約2万円から5万円が相場となっています。ただし、壁についた画鋲の穴は原状復帰の範囲にならないのでその程度であれば工事は特に必要ないでしょう。

原状復帰というと破損した部分だけをイメージする人が多いですが、取り付けたものを取り外すことも原状復帰になります。例えば、エアコンのない部屋に入居して、あとからエアコンを取り付けたという場合は取り外し作業が必要になるのです。使えるのだからそのままでもいいのではないかと感じる人もいますが、原状復帰は部屋を元の状態にして戻すというものなので付けておくわけにはいかないのです。エアコンと同じようにウォシュレットの便座を取り付けたという場合や、シャワーヘッドを交換したという場合も、取り外して元に戻しておきましょう。エアコンやウォシュレット便座の取り外しは数千円から3万円程度で行うことができます。