自分で工事会社を選ぶ|トラブルを避けるために現状回復の意味を理解しておこう

トラブルを避けるために現状回復の意味を理解しておこう

作業員

自分で工事会社を選ぶ

レディ

賃貸物件に住んだことがあるという人は原状回復という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは退去時に部屋を借りたときの状態に戻すというもので、契約時にきちんと説明がなされるのが一般的です。原状回復の義務は借り主が故意、または過失や善管注意義務違反で部屋やその設備を損耗してしまった場合に発生します。この部分を詳しく知らずにいると、本来は請求されない部分の修理費まで取られてしまうので注意が必要なのです。画鋲の穴や畳の日焼けで原状回復工事の請求をされるという話はよくあることですが、これらは経年劣化で通常に住んでいて生じることなので借り主側の負担で工事を行う必要はないのです。損をしないためにも、この部分は契約時にきちんと話し合っておきましょう。

原状回復をする場合、貸主が工事会社を指定していることがよくあります。しかし、指定された工事会社は一般的なところよりも工事費が高く設定されている場合があります。そうなると退去時に敷金が返金されないことや、工事費を追加で請求されてしまうこともあるのです。契約時に原状回復について指定の工事会社がないという場合は自分で工事会社を選ぶこともできます。幾つかの会社で見積もりをして安い会社に依頼するといいのです。退去する場合、貸主に任せっきりにするのではなく自分で原状回復工事を安く行ってくれる会社を探してみましょう。原状回復でトラブルを起こさないためには部屋を大切に使うということもポイントとなります。