どこに依頼すればよいか|トラブルを避けるために現状回復の意味を理解しておこう

トラブルを避けるために現状回復の意味を理解しておこう

作業員

どこに依頼すればよいか

ウーマン

賃貸契約で必ず必要になる原状回復工事は、どこに頼めばいいのでしょうか。原状回復いうのは、賃貸物件の部屋を借りたときの状態まで戻すということです。ただし、このなかに畳や壁の日焼けのような経年劣化は含まれません。では、どのような場合に原状回復工事が必要になるのかというと、例えば壁や天井に物をぶつけて穴を開けてしまった場合です。また、飼っているペットのせいで壁紙がボロボロになっているという場合も原状回復工事が必要になるでしょう。このように、借り主が何らかの原因で作ってしまった汚損や損耗の場合に原状回復が必要になるのです。

原状回復工事を行ってくれる会社はたくさんあります。例えば、家の建設やリフォームを行っている工務店や建設会社に頼むこともできます。ただ、これらの場合建設が主な仕事なので原状回復工事を下請け会社に外注するというところも少なくありません。退去後にリノベーションやリフォームを検討しているという貸主が依頼する場合はとても頼りになりますが、借り主が原状回復だけを目的とする場合は工務店や建設会社でなくてもいいでしょう。では、借り主の場合はどこに原状回復工事をお願いしたらいいのでしょうか。原状回復工事だけを専門に行っているという会社があるのでそこで見積もりをしてもらうといいでしょう。原状回復工事に特化しているので、仕事のスピードも早く費用も工務店や建設会社より安く済むでしょう。